建築學科 動畫、コンテンツ

Q&A

建築學科の特徴を教えてください。

建築の全分野を網羅した総合的な學科であり、建築デザインコースと建築エンジニアリングコースの2コース制となっています。教員は、通常の大學教員に加えて、非常勤講師として建築家が10名と充実しています。教員1人あたりの學生數が12名と少ないため、建築設計の基礎をみっちりと學べます。建築分野に関する課外活動も多く、それらを含めて自主性やコミュニケーション力、表現力を高めていく學生たちが多いです。

カリキュラムを具體的に教えてください。

1、2年次は建築の全分野の基礎をしっかり學び、3年次以降は2つのコースに分かれて専門性を高めるカリキュラムとなっています。建築デザインコースでは、建築?住宅?インテリアからまちづくり、都市レベルまでの計畫?設計をこなせるだけの専門知識とデザイン力を身につけます。建築エンジニアリングコースでは、住環境の安全?快適を支えるエンジニアの育成をめざしていて、建築?都市の環境整備や耐震、省エネルギーなどを學びます。

學び方にどんな特徴がありますか。

CADを使う前に手書きのスケッチを重視しています。その理由は、スケッチを重ねることで、建築のスケール感と立體感を體で覚えられるからです。建築エンジニアリングコースでは、木造建築の構造に力を入れているのが特徴です。木造は近年、再評価されており、難燃性木材なども開発されるなど注目の素材となっています。環境の5要素である熱、空気、音、光、都市のそれぞれについて専門の教員がいるので、各分野について深く學べます。

どんな人が向いているのでしょうか。

數學的素養よりも「建築に興味がある」「美しい風景が好き」な人が望ましいでしょう。あるいは「絵や寫真が好き」という人も素養は十分といえます。そんな人たちに基礎から教えて、プロとして社會に送り出すのが我々の役目であり、そのための教育プログラムや教員陣が揃っています。金沢は近世からの建築?文化?都市構造が色濃く殘る一方、現代的で斬新な建築も多く、街に出るのが好きな方にも大きな魅力です。

就職先はどのようなところでしょうか。

8割以上の學生が、建築関連の企業に進みます。総合建設會社をはじめとしてハウスメーカーや設計事務所、設備會社などのほかには、建材メーカー、不動産會社、ビル?マンション管理會社などにも就職先は広がっています。また、都道府県庁や市役所等の公共機関にも採用されており、まちづくり事業などの部門で活躍する卒業生も増えています。

研究の面白さについて教えてください。

建築デザインコースでは、設計か研究のいずれかに取り組みます。設計ではテーマ?アイデアを考え、建築作品を設計し、最後は模型と図面を制作し発表。研究では建築や都市を歴史、意匠、技術、人間の行動?心理などの視點から調査?分析し、最後は論文にまとめて発表します。金沢や能登などの特色ある地域を対象とした作品づくりや研究に取り組めるのは大きな特徴です。

建築エンジニアリングコースでは、地域防災環境科學研究所において、大型振動臺による耐震実験、地下水利用の冷暖房実験、無響室での音環境実験を行っています。さらに、伝統木造の構造特性分析や防災?減災に関する研究、コケ等の植生と都市環境の関係分析や蒸発冷卻効果を持つ建材開発などにも力を入れています。自然と共生する歴史都市?金沢ならでの研究テーマが多いといえます。

KIT金沢工業大學

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大學のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.

007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清